活動内容

営農型太陽光発電の全国ネットワーク

営農型太陽光発電の全国ネットワーク

全国各地で営農型太陽光発電の設置例などのセミナーを開催しています。

2013年から始まった営農型太陽光発電の仕組みや、実際に設置した方の感想などを交えて、全国各地でセミナーを開催しています。ご要望があれば講師の派遣が可能です。また、全国に設備業者のネットワークを持っていますので、設置業社を紹介することもできます。

私達の活動は主に以下の通り、広報活動が中心となり、公益事業となります。

  • ソーラーシェアリングの健全な普及発展を推進。
    営農事業者、発電事業者様への総合的なコンサルティング
    一時転用許可申請のサポート
    営農型太陽光発電設備下部の営農指導(養液栽培システム)
    営農型発電アドバーザー資格の認定
    意見書作成サポートなど
    セミナー開催、セミナー支援、講師派遣
  • 営農型太陽光発電設備のより良い資材開発に努める
    モジュール、架台、パワコンなど
  • 営農型太陽光発電設備の実証実験、及び実験データの集積
    データ収集、分析、整理による情報集積
  • ニューアグリ・ビジネスモデルの開発
    スマートアグリハウス(パネル付農業ハウス)

ニューアグリ・ビジネスモデルの開発

営農型発電設備で売電しながら農業を行うことで、農業外収益を得ることができます。また、「オフグリッド型」にもでき、植物育成照明/換気扇/送水ポンプ等の電気を賄うことができます。

レンタルファーム事業

太陽光発電設備で発電した電気を自家消費することを「オフグリッド」と言いますが、太陽光FIT制度(固定買取制度)が終了時、太陽光発電設備の償却が終了時、又は、電気の売電価格が買電価格を下回った時点で、オフグリッド型に切り替える事で、電気代等ランニングコストが無料となります。将来的に蓄電池設備費用が下がれば、発電した電気を無駄にすることがなくなるので、更にお得になります。

スマートアグリハウスの特徴

気象条件に左右されにくい屋外型植物工場
太陽光設備架台部全周、太陽光パネル以外の天井部を任意の素材で囲うことで屋外型植物工場となります。栽培を行う植物によって囲う素材は異なりますが、遮光ネット、ビニールシート、ナミイタ等が使用できます。また、周囲を囲うことで、育成環境の最適化(保温、保湿、乾燥(風止め)、強光ストレスの改善)を図ることが可能となります。
強光ストレスの改善
植物が光合成に使い切れない過剰な光エネルギーが当たった場合、強光ストレスを引き起こします。植物にはそれぞれ適した光飽和点(光合成速度が最大になる光強度)があり、天井部を太陽光パネルと畜産ナミイタ(開口部)で覆うことで、施設内全体に散乱光を取り入れ、強光ストレスを抑えます。
太陽光と植物育成照明との併用
植物の育成に必要な光強度は、図[光飽和点と光補償点]によるCO2の吸収などから、光飽和点と光補償点の間で、育成目的や経済性などを検討しながら設定します。植物育成照明を太陽光と併用することで、栽培する植物にとって最適な光を与えることができます。
JIS規格に準拠した架台
スマートアグリハウスは、JIS-C:8955-2017に準拠しています。必要な条件をクリアーした上で、市販品を多く取入れることで、極力ローコストに仕上げました。

PAGE TOP

  • お問い合わせはこちら