ノウチエナジーについて

私たちの活動理念とミッション

ノウチエナジー設立の経緯

2013年3月31日付農水省発表「営農を継続しながらの太陽光発電設置について」において、攻める農業、農業の6次産業化を鑑みた規制緩和の一貫として、営農に資する限りにおいて耕作を継続しながら太陽光発電を行う「ソーラーシェアリング」が事実上容認されました。
最新の発表である2019年5月「営農型発電設備に係る農地転用許可制度の取扱い」においては、 以下のように謳われています。「これまで、営農型太陽光発電については、太陽光パネルを支える支柱を立てる農地について一時転用期間を3年とし、営農に問題が無ければ再許可を可能とする仕組みでした。今後、担い手が営農する場合や荒廃農地を活用する場合等には、10 年に延長します。(中略)担い手の所得向上や荒廃農地の解消につながる取組を後押ししていきたいと考えています。」営農型太陽光発電に関する農水省の取り組みは、手探り状態であった揺籃期から舵をきり、充実期に移行したとみることができるでしょう。私たちは、このような機をとらえて、営農型太陽光発電の健全な普及を推進する目的で「一般社団法人ノウチエナジー」を設立いたしました。

私たちのミッションと活動理念
私たちノウチエナジーのミッションは、営農型太陽光発電の健全な普及を推進することです。全国の農家、農業法人、電力会社、農業委員会、設備メーカー、施工メーカーをネットワークし、ヒト・モノ・カネ・情報の適正な流通を図ります。そしてネットワークの相乗公効果によって、営農型太陽光発電による新しいアグリビジネスモデルを開発していきます。私たちの活動理念は営農型太陽光発電の普及を通して農業やエネルギーが抱える諸問題を解決していくことです。すなわち耕作放棄地、後継者不足問題などの農業の抱える諸問題、自給率、環境面などのエネルギー問題など、よりマクロ次元の問題解決を図る一助になると考えております。

ノウチエナジー

一般社団法人ノウチエナジー 法人概要

法人名 一般社団法人ノウチエナジー
代表理事 酒本道雄
HEAD OFFICE 〒700-0945 岡山県岡山市南区新保1318-1
CHIBA BRANCH 〒260-0028 千葉県千葉市中央区新宿2丁目3-5 新宿ミハマビル2F
OSAKA BRANCH 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島7丁目1-26 オリエンタル新大阪ビル4F
TEL / FAX 086-239-0015 / 086-243-3086

PAGE TOP

  • お問い合わせはこちら